パターの距離感はそれぞれのラインで「仮想カップ」を想像し、そこに向かってパッティングをするとイメージが沸きやすいです。仮想カップはどの位置にイメージしたらよいか、上り・下り・フック・スライスラインでそれぞれ解説します。

よく視聴されている「ゴルフレッスン動画」